和火師佐々木厳の花火づくり

感謝と謙虚さを忘れず、
自然の法則に則り、命を輝かせる

和火を構成する3つの原料はすべてが自然界に存在している尊いものです。
それぞれ粒子の一つ一つに記憶と命が宿り、そしてそこに関わる人の想いがある。
全てを受け入れ、それぞれが持っている自然の働きを引き合わせ統合し、再び命を輝せる。
これが和火師の仕事であると私は考えております。

自然界にもバランスがあり、資源にも限りがある、姿を変えぬよう、負荷がかからないよう、持続可能な花火づくりを目指していきたい。

この花火が、「必要な人に、必要な分だけ届くように」

日本の線香花火 「結」

結びの語源は「産霊」(むすひ)にあります。
我々の祖先は万物を産み成長させる神秘的で霊妙な力を尊び、
その働きを「産霊」と称し日々感謝して生活をしていました。

和火づくりにおいて重要な要素が「調和」である。
それぞれの原料と対話をすることでその記憶を辿り性質を知る、全てのバランスを見ながらちょど良い所を探る、そんな作業の繰り返しで線香花火を作っていきます。
和紙、天候、気候、力の入れ具合、木々たちの命の輝き、大地のエネルギー、すべての要素を統合することで、「産霊」の働きがおき、初めて綺麗な火花を咲かせてくれるのです。

また結ぶという言葉は「くくる・束ねる」というだけでなく、人の想いまでも留まらせる効力があると考えられ、「ご縁や心を繋ぐ」という意味でも使われてきました。
線香花火の火花がご縁や心を結ぶようにと想いを込めて「結」と命名しました。

※日本の線香花火「結」はMARUYAにて取り扱っております。

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、MARUYAにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

MARUYAお問い合わせ