日本伝統花火 和火

和火とは

江戸時代に生まれた日本の伝統的な花火です。
明治以降、西洋から入ってきた化学薬品によって作られる、カラフルな色の花火「洋火」に対し、「和火」は塩硝・硫黄・木炭の自然界に存在する三種類の原料から作られる、赤褐色炭火の花火です。

和火の魅力

心を癒す灯り

和火の特徴である赤褐色の火花。

あらゆるものを優しく包み込む
暖かみのある和火の灯りは
心から不安や恐れを取り除き
私たちに安らぎと活力を与えてくれます。

古来より火には悪や、病気、邪気を祓い、
心を穏やかに鎮める力があるといわれてまいりました。

和火は「火」の暖かみを感じることができる癒しの花火であり、
ふと原点に立ち返らせてくれる不思議な魅力をもった花火です。

大和心に触れる花火 簡素の中にある美しさ

和火は色彩豊かな洋火に比べると決して華やかな花火ではありません。
しかし、余計なものをそぎ落とし、「質素」を追求した和火だからこそ
見出すことができる引き算の美学が存在します

閑寂にしてどこか懐かしさを覚える
赤褐色の炭の火の粉
そこには人知でははかりしれない
神秘的な美しさがあり
目には見えない趣と「命」が宿る。

尾を引きやがて消えゆく火の粉の様からは
哀愁や儚さ、無常を感じることができる

和火には「わび・さび・幽玄」「もののあはれ」といった
日本特有の美の概念があり、
自然と共生・調和を大切にしてきた
日本人の感情を揺さぶる日本の花火であると私は思います。

表現の可能性

和火はシンプルな花火ですが、その表現力は多彩です。

和火を構成する火薬一つで
線香花火から打上花火まで様々な形の花火の創造することができます。

また原料の産地や種類、性質の違いを見極め、バランスを調整することで
色の濃淡や明暗、強弱をつけることができ
単色でありながらも壮大さや奥深さ、奥行き感を表現することができます。

水墨画のような花火
自らを主張しすぎず、他を引き立てるため
様々なものと調和する特性を持っているのも
和火の大きな魅力の一つです。

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、一般社団法人inoribiにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

一般社団法人inoribiお問い合わせ