みたまのふゆ

祈り火‐菊花‐ #2 先祖供養の迎え火

昨日8月13日はご先祖様をお迎えする盆の入り。

ご先祖様の供養、そして感謝を捧げる「迎え火花火」を打ち上げました。

ご先祖様の目印となる送り火を、一番近いところでお迎えしたい。

そんな想いをずっと抱き続け、ようやく実現できた花火。

 

今自分がここに存在できるのも、好きな花火を打ち上げていられるのも

ご先祖様があってのこと、はるか昔から繋がってきた命のリレーは「神秘」だなと。

打上を待つ間、そんなことをふと思った。

 

いつかこの「菊花」が多くの人の「祈り」「想い」をのせたシンボルとして、

広がっていくよう、自らの活動の決意をご先祖様に示した、

そんな花火でもあったような気がする。

和火師 佐々木厳

 

2020年08月14日

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、MARUYAにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

MARUYAお問い合わせ