みたまのふゆ

祈り火-菊花- #7 東日本大震災慰霊鎮魂花火

東日本大震災から10年。

昨日3月11日に山梨の地から被災地へ向け慰霊・鎮魂の花火を献花いたしました。

 

私がこの活動を始めるキッカケとなった震災。

「いつかここで慰霊・鎮魂の花火を打ち上げたい」

10年越しの想いを果たすため、被災した方々が今何を考え、

どう過ごしているのか確かめたくて被災地を訪れました。

 

そこで感じたことは

未だ消えぬ傷跡の深さと

同じような想いをしてほしくないという切なる願いでした。

 

「被災地に、被災者に心の平穏がおとずれますように」

「震災の教訓を生かし、大切な人の命を守っていきます」

花火に込めた二つの祈りが、遠く離れた被災地へきっと届くと信じて。

 

犠牲者の慰霊鎮魂はまだまだ終わらない。

教訓を生かし、犠牲者の命を無駄にしないこと、

そして自然災害とのあり方を問い続けることが

本当の意味での慰霊・鎮魂になるのではと思う。

 

私にとって3月11日は命と向き合う特別な日。

これからも大切にしていきたいと思う。

 

和火師 佐々木厳

 

 

 

2021年03月12日

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、MARUYAにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

MARUYAお問い合わせ