みたまのふゆ

広島原爆者慰霊鎮魂花火にむけて

76年前の1945年8月6日午前8時15分。

広島市に人類史上初めての原子爆弾が投下されました。

おおよそ14万人(原爆投下から放射線による急性障害が一応おさまった昭和20年(1945年)12月末)の命が無差別に奪われました。

1カ月前、原爆犠牲者に向けた慰霊鎮魂の花火を打ち上げるべく、何十年ぶりに広島の地を訪れました。

 

整地された市民球場、きれいに整備された街並みのなか、ぽつんと原爆ドームだけ時間が止まったまま取り残されているそんな印象でした。

平和記念公園を歩き、広島平和記念館へ。

 

館内の資料や展示を眺めるなか、子供や女性の遺体が写る写真が目に入ってきました。

もし自分の子供が、家族がここにいたらと・・・。

当時の人たちが感じた本当の恐ろしさ、苦しさ、悲しみだけは私には理解することはできない。

しかし、子供や家族が犠牲になるような争いを、今後決して起こすべきではないのだと強く思いました。

そして犠牲になられた方々の命を無駄にしない為にも、

今当たり前のようにある家族との暮らしを守るためにも。

ほんの小さな一歩でもいいから、今自分ができることをやろうと。

平和への決意を込めて、犠牲者の御霊が安やかならんことを祈り

明日、祈り火を献灯したいと思います。

和火師 佐々木厳

 

 

 

 

 

 

2021年08月05日

和火師佐々木厳へのご支援やお問い合わせは、一般社団法人inoribiにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

一般社団法人inoribiお問い合わせ