みたまのふゆ

伝統の光

今日仕事の合間にふと先日ご縁で頂い

た25年前の線香花火が気になり、一本

使わせていただくことにしました。

どんな火花が咲くのか、ワクワクしなが

ら点火。

そこにはいつも自分が眺めている火花が

咲いてていたのですが、どこか安心する

ような懐かしい香りが。

その懐かしさに浸りながら、この花火が

どんな場所で、どんな方が、どんな想い

で作り、どのように旅をして、今ここで

花を咲かせているのか、そんな妄想が楽

しくてたまりませんでした!

そう考えると、今私が作る線香花火に記

憶された情景や想いも、もしかすると

100年先、もっと先を生きる子や孫たち

に伝えることができるかもしれないし、

伝えられたら楽しいだろうなと思う。

そんな線香花火の楽しみ方もありかな。

そのためにも今、伝統の光をしっかりと

繋いでいくことも必要であるのかなと思

う。

この線香花火とご縁に感謝です。

和火師 佐々木厳              2019年2月7日

2020年01月07日

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、MARUYAにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

MARUYAお問い合わせ