祈り火

身心を清浄にし、祈る。

和火

江戸時代に生まれた日本の伝統的な花火「和火」は、
赤褐色の炭火の火の粉の花火です。

心を癒す「火の働き」

古来より火そのものには悪や、病気、邪なものを祓い清め、また火の明かりには心を暖かく穏やかに鎮める働きがあるといわれてきました。
私にとって和火は火と同じように、身心を祓い清め「癒しと安らぎ」を与えてくれる存在でもあります。

「祈り」のシンボル

さかのぼると花火の原点の一つに、「祈り」がある。
時には御霊を癒し、時には大自然への働きやご先祖様に感謝を示し、
そして五穀豊穣や世界の安泰を祈る。
日常の中に祈りがあり、シンボルとして花火もそこに存在していました。

祈火

身心を清浄にし、祈る。
「火」と「祈り」二つの要素を持ち合わせた「祈火」は
私ができるわずかな一歩かもしれない、それでも、
私の心を癒したように、人々の心を癒し、そして世界を癒すことができると信じ、
「祈火」を空に咲かせつづけていきたい。

和火師佐々木厳へのお問い合わせは、MARUYAにて承っております。
取材依頼や、メディア掲載依頼につきましては、以下のページよりお問い合わせください。

MARUYAお問い合わせ